ロードサイド店舗について

土地をお持ちの方は、「大きな道に面している土地を所有している」という方もいると思います。
「この土地であれば、お店などを出しても、お客さんが入りやすいだろう」と思っている方も多いかもしれませんね。
しかし、「自分では、お店などを経営するつもりはない」という方もいると思います。
そんな方は、その立地条件を生かして、ロードサイド店舗としてその土地を活用してみませんか。
では、ロードサイド店舗としての活用について、ご紹介しましょう。
最近では、大型の商業施設なども増えてきていますよね。
幹線道路などに面した土地であれば、こういった大型商業施設を建てることで、大きな活用をすることが出来るでしょう。
ロードサイド店舗として活用した場合には、どういったメリットがあるかというと、相続税の際の評価が軽減出来るということが上げられます。
また、店舗などが入ることで、安定した収入を得ることが出来る様になります。
大きな土地であれば、たくさんの店舗が入ることになりますから、かなり大きな収入となるのではないでしょうか。
また、ロードサイド店舗として活用することで、所得税などを軽減することも出来る様になるでしょう。
しかし、ロードサイド店舗として活用した場合には、固定資産税の軽減の対象とはならいことや、初期投資が大きくなるというデメリットがあります。
景気の状況によっても、利益が変わってくるというデメリットも出てくるでしょう。
このように、ロードサイド店舗として活用する際にはデメリットも踏まえた上で、活用することが必要となります。